北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : ライブレポート

高熱にうなされ、記憶も朧気だった去年の
藤井寺公演から一年。
あの時 私を救ってくれたのは 『素晴らしい!』と書かれた沢山のアンケートでした。
良かった…ちゃんと歌は届いたんだ…
という想いと、本領を発揮出来ないもどかしさ。『健康』がどれほど宝物なのか思い知ったツアー。

今回、その『健康な身体』で藤井寺に行けることが 最高に嬉しかった。
ステージから溢れる一座のパワーは、
来てくれた200名のお客様にきっと届いたハズ!

そういえば、この日の公演に、かつて私が二十歳の頃渋谷でおでん屋台をやっていた時の
仲間が来てくれるという噂を聞いて、おぉっ
20年ぶりの再会だ!と楽しみにしてたのですが…残念ながら会えず…。
彼は、街のどこかでポスターを見たとかなんとかで、『あ!じゅんちゃんだ!』と。

旅を続けてさえいれば、きっとまた会える。
また会えるけど、限りはある。
だから私達は、走らなきゃいけない。
出来るだけ多くの素晴らしい発見をしに、
出来るだけ多くの忘れられない物語を創る為に。
そしてそれは、『健康な身体で』ね♪

藤井寺公演に来てくれた皆様、
余所の街からも駆けつけてくれた皆様、
会えて嬉しかったです!
ありがとう!

1549182417274

※たまに公演と全く関係ない写真でも。
最近一座がハマっているのがインドカレー屋に行くこと。 
大和郡山にある『エベレスト』にて。
ステージと同じくらい汗をかき、また
次の街へ元気に向かうのでありました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

本州ツアーが始まりました。
滋賀県守山市、会場は3度目となる「守山市民ホール」。

前回はちょうど1年前、大阪からスタートした連続8公演のツアー終盤、1月18日でした。
その公演のブログを試しに覗いてみると、みんないい顔をして笑っている。
きっと温かなお客さまに迎えていただいたに違いない。

違いない…記憶が少し、おぼろげなのです。
この時の歌旅座は風邪蔓延のため高熱に冒されたメンバー多数、
皆倒れないよう涙目になりながら必死。
あんな体調でステージに上がったのは初めてでした。
元気だったBossは、休憩中の楽屋へプログラムの変更を伝えに来た際、
頷くので精一杯だった私達の様子を記憶しています。

去年いらして下さったお客さま、本当にごめんなさい。
今回はリベンジ公演です!

1548925500381

1548925557503

1548976332745

舞台袖に待機できるメンバーがいないのでこの角度からの写真はあまりないのですが、
公演を終えると、舞台の方がたくさん撮ってくれていました。

1548925604662

「チエちゃんの“ウォンチュー!”のタイミングばっちりでした!」と舞台の勝部さん。
ありがとうございました!

IMG_20190131_181637

帰り際、皆様明るく声をかけて下さる賑やかなロビーの雰囲気はとても嬉しいものです。
再会を楽しみにしております!

余談ですが、去年の守山公演後、一足先に翌朝札幌へ戻らなければいけなかった私は、
文字通り体を引きずりながら神戸三宮の宿へ向かい、その夜はアリタさんにもらった
薬を飲みながら泣いて過ごしました。
気をつけていてもどうにもならない時もあるのでしょうけれど、
もうあんなに苦しいのは絶対に嫌だ!

皆様、インフルエンザも流行するこの季節、くれぐれもご自愛くださいませ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

標茶公演の後は、町内の温泉宿へ。
ここにあるのは源泉掛け流しのモール温泉。
北海道では十勝と釧路湿原周辺にしかない「コーラ色」とでもいうべきか、
褐色、ツルツルそして激アツの湯に浸かる。
やはり道東・大地の泉はどこも凄い。
煮えそうでしたが、夜、朝とたっぷりパワー注入~。
1547212171663~2-1-540x409
朝ホテル前の羊小屋に現れたつがいの丹頂鶴に見送られ向かうのは、
日本最東端のまち・根室市。
標茶から約2時間の車旅。
根室には独特な名物があるの皆さんご存じですよね!?
花咲ガニやタラバガニといった海産物はもちろん、微妙な食感ワッフルみたいな「オランダ煎餅」、巷のB級グルメブーム以前からのご当地グルメ「エスカロップ」。
そしてもうひとつ。我々歌旅座が大好きなのが「スタミナライス」だ。
以前から根室に来たら行きつけのレストラン〈ニューかおり〉へ。
1547212175433~2-538x439
どうですか、これが、スタミナライス。
この目玉焼きと山盛りの野菜の下には実はカツライスが隠れているのです。
食べ応え充分。再びパワー注入~。

根室市は2016年11月以来、約2年ぶりの根室市総合文化会館での公演。
前回もたくさんのお客様にご来場頂きましたが、今回もすでにソールドアウト寸前と事前情報が。嬉しいですね。
本番前、主催者さんの計らいで用意してくれたお弁当が、バターライスの上にカツ、そしてデミソースがかかる、そう名物「エスカロップ」弁当。
delicatessen_img001~2-530x318
デザートには「オランダ煎餅」が。
またしてもパワー注入~。

会場はこの日を待っていてくれたお客様でいっぱい。
1547212163099~2-534x400
大盛況に終わりました。
1547212183290~2-516x387
最期のパワー注入はお客さんからしてもらいました。

ここ根室市文化会館のスタッフの皆さん、事務の方たちももちろん、
舞台・技術担当の方々の対応も最高。
「やって良かった」と思えるコンサート、イベント作りの心意気が伝わってきます。
根室市総合文化会館事業協会の皆さん、ご来場の皆さん、ありがとうございました。
またお会いしましょう🎵

終了後、市内のお店で打ち上げをやっていただきました。
その席のメインは。
1547212186890-531x708
ダメ押しのパワー注入(し過ぎだろ)~アンコール「エスカロップ」。
病み上がり爆食警報中のダルくん。
本日はカツレツ三昧、幸せ三昧の表情。

4日間の新春・道東ツアーも無事終了。
明日は8時間かけて札幌までのドライブです。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

2019年1月8日に目指す地は、北海道中標津町
私たちが拠点とする札幌からクルマで約6時間。
一行は前日の7日に出発。
ナリコとダルはワケあって8日早朝のトラックで。

道中、高速道が通行止になっていたり、
エゾシカ、エゾシマリス、エゾメガネザル、エゾスギなどの
北海道特有の動植物に行く手を阻まれながらも当地へ到着。
こちらは雪が少ないですね。
札幌のうざい雪を100だとしたら、ここ中標津は26。
いい陽気でありましたが寒さは第1級。
14022z
雪上から顔を出すビッグサーモンとJUNCO。中標津にて(撮影:アリタ)
 

7日は、歌旅座のお友達でベーカリーショップ〈ウエストオーブン〉
マルタさんのご好意で即席の新年会を開催。
毎日、朝早くから数十種類のパンを製造しているんですが、
どれもグレートな美味しさです。わかりますね。
今回は酒が酒呼ぶ新年会。だからパンは脇役。
どれだけ飲んだかは、推して知るべし。
 10390z
楽しいひとときを満喫しすぎたあとの写真。
鯨飲して苦悶する面々の中で、ひとり快調過ぎるBOSS(撮影:ちえ) 


明けて8日。
中標津のとある企業の新年会。
そのアトラクションとして歌旅座をお呼びいただいたのは、
中標津地方魚菜株式会社さん。
魚介や野菜・果物を取引する当地の市場であり、
新しい水産加工品を開発するメーカーでもあります。
同社の久本社長と司会太郎は十数年来のお仕事パートナー、
付け加えれば、歌旅座BOSSと久本社長は高校時代の同級生。

ナリコとダルも無事に到着、一座揃い踏みの新春初舞台。
同社のスタッフとお取引先のみなさんにだけ向けて、
寸劇『黄昏を待ちながら・新春編』という飛び道具演目と
オリジナル曲の2部構成でお届けしたミニライブ。
EE21z
新年会の合間、ささやかなミニライブ。
司会太郎はナリコの向こう側。別にいいけど(撮影:ダル)



終演後はみなさんと同席して新年会に参加、
わずかな時間ではありましたが、社員さんらと親交。
久本社長から食べることができるお年玉も頂戴しました。
それは魚介の数々。宗八カレイやホッケの干物、
北海シマエビやプリプリのホタテなどなど。
もう、ウエストオーブンのパンがグレートな美味さなら、
こちらは実にマーベラスな旨さなんです。

ただ、JUNCOはカニも欲しかったと嘆いていました。
 


ニッポン全国の新年会はいつまでつづくのか。
意外と2月下旬まで引っ張れるんじゃないか。
だったら、もっと参加しようではないか。 
そんな印象を持った中標津でありました。


では、ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今年もやってきましたねークリスマスイブ。
イブといえばそう、であえーるでアエル、
JUNCOとNARIKOのサプライズコンサート。
我ら歌旅座にとっては29日の大納会ライブをのぞけば、
市町村へ訪れる今年最後のコンサートになる。
ということで、メンバーのソウルフードうさぎさんのパワーど注入おにぎり
も今年で最後。特大パワーボールを車内で頂きながら会場入り。
旨いなあ。。今年もずっと堪能させて貰ったなあ。。
米の握り加減、絶妙な具の配合は『オニギリ女王・うさぎ』の称号が相応しい。
うさぎさん、いつもありがとうございます。
1545710175990
さあ、パワー全開で、岩見沢・であえーるに到着。
会場のひなた広場には、この時期クリスマスツリーが飾られています。
下の写真、よーくご覧ください。
JUNCOがツリーの飾りになっています(リハーサル中)
1545710182596
今回で連続5回目。
毎年ここでのコンサートを楽しみに来てくれる地元の方もいて、
JUNCO、NARIKOも一緒に楽しみながら歌のプレゼント。
1545710188313
後半、今年のサプライズは何か⁉
昨年に引き続き、またしてもサーモンズの登場だ。
1545710198907
「またか。。」じゃなく「待ってました!」と会場も盛り上がり、
クリスマスソングと歌旅座の「ザ・定番ソング」をお届けしました。
白銀の外を眺めながら、中は熱いステージ。
年々盛り上がりを見せている、ここであえーるでのクリスマスコンサート。
ご来場ありがとうございました。
いつもとはちょっと違うコンサートが楽しめるのがこの空間。
来年のクリスマスもここでお会いしましょう。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.