北海道歌旅座コンサートスケジュール


カテゴリ : 新着情報

特報!
あのヂュンコゲイブリエル画伯が、帰ってきた!!
どこからか、とにかく帰ってきた画伯。
特異な筆致と対象を有無をいわせずに別次元へと変形させることで
そこそこ噂された画伯の新たなるチャレンジがはじまります。

ヂュンコゲイブリエル画伯の
コレクターズTシャツシリーズ化 決定

毎月、新デザインを発売

そして、栄えあるシリーズ第1弾「千絵虎Tシャツ」緊急販売。

ヂュンコゲイブリエル画伯による鬼気迫る筆致で描かれた図像は
ある人物の表情を通じて、現代における屈強と不安を表現したもの、
結果として胸部に鬱陶しいほどの存在感を主張する意匠となっている、など
画伯が聞いたら驚いて赤面してしまうような深読みまでしたくなる作品。

毛色の異なる収集家、好事家が垂涎必至のコレクターズTシャツシリーズ、
その先陣を切るには最適といえるでしょう。
いや最適ともいえないので、衝撃度としては適切です。



この記事の読者にだけ、この「千絵虎Tシャツ」を販売します。

商品名:千絵虎Tシャツヂュンコ画伯のコレクターズTシャツ・第1弾)
サイズ:M・L・XL
カラー:黒色/白色印刷
価 格:2000円(税込)

しかし、今回は[緊急特別販売]のため、下記の条件があります。
 数量限定のため、売り切れご容赦
 注文は電話限定(公演会場では販売しません)
 注文受付は、本日より3日間だけ



chie-T-170313-soldout


*「千絵虎」とは、現在のNHK大河ドラマ主役の女優さん、その髪形だけが似ているために
 自らのことを「千絵虎」と云いだしたオッペケペーな人物のこと。

*この「千絵虎Tシャツ」は、お察しのとおり公共の場での着用に不向きです。
 万が一、外出時に着用して犬に吠えられたり、友情が失われても
 北海道歌旅座は一切の責任をもちません (サクマチエを除く)。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

速報です。
2017年のゴールデンウイーク最初の祝日「昭和の日」
北海道歌旅座『昭和のうたコンサート』の開催が決定しました。
会場は札幌市のとなり、江別市民会館

日時=4月29日(土・祝) 開場14:00 開演14:30
会場=江別市民会館(北海道江別市高砂町6・ 電話011-383-6446)
料金=前売2000円 当日2500円
先行発売=3月8日(水) より開始
       北海道歌旅座:電話011-623-6680 メール info@dmj.fm
 *後日、江別市民会館でも発売されます。
 

この「昭和の日」公演を機会に、これまでの『昭和ノスタルジア』のイメージも一新、
『昭和のうたコンサート』として、さらにニッポン全国へ展開していきます。
 
さあ、久しぶりの歌旅座フルメンバー出演の道内公演。
あなたのご予約、お待ちしています! 

170308_photo



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

いよいよ2016年もあとわずか。
ならば、2017年の幕開けに北海道歌旅座の新年会2017はいかがでしょうか。

でも、いつもの歌旅座新年会とは異なります。
音楽ライブはございませんが、
新年にふさわしい隠し芸的パフォーマンスはご用意しています。  
ある意味でゆるく新年のスタートを歌旅座メンバーとお客様で
いっしょにささやかに味わう宴です。


様々な状況下の年越しに、負の感情を押しとどめていた方々には
特にうってつけの癒やしを感じられる新年会になることでしょう。
もちろん、ハッピーな年末年始を迎えた方々も大歓迎。 


北海道歌旅座・新年会2017

日時=
2017年1月5日(木) 17:00開宴
会費=3000円

ご予約(年内受付)=TEL.011-623-6680 メール.info@dmj.fm
*ご予約が多数の場合、抽選となります。
*ご予約の受付は2016年12月30日までです。
  


それでは、2017年のお正月、いっしょに楽しみましょう!

170105-NewYearParty

 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今度の日曜、11月27日に北海道歌旅座は北斗市
「茂別村 生誕110周年記念」と銘打った昭和ノスタルジア・コンサートを公演します。
おかげさまで、すでに満員御礼となりました。


北斗市茂辺地地区で、茂辺地村と石別村が合併して
旧茂別村が誕生してから2016年で110年となります。
今年の1月、北斗市郷土資料館でかつて、この地域で歌われていたとみられる
「茂別小唄」「茂別音頭」の楽譜と歌詞が発見され、
ご縁あって私たち北海道歌旅座が再現することに成功しました。

両曲の作曲者は、北海道乙部町や檜山地方で複数の学校のために
校歌をつくった菅原憲明氏。彼の活動時期から推測すると、
茂別の両曲ができたのは戦後間もない1945年頃。
茂別村が旧上磯町と合併した1955年以降は忘れ去られていたようです。


現代によみがえった両曲のうち、特別に「茂別音頭」の音源と
当時の茂別村を写真を配した映像を茂別村誕生110年を記念して制作しました。
歌うのは歌旅座の看板シンガー、JUNCO
北斗公演の日までの限定公開です。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お待たせしました。
ついに本日一般発売、「昭和ノスタルジア2017・コンサートツアー特別編集盤」
showaN-cd2017b

札幌では今夜開催の「淳子夜想〜黄昏を待ちながらファイナル」会場で発売、
全国のお客様には通信販売でもお買い求めいただけます。
 
新規録音、新マスタリングを施した、
これまでのCDに収録されていないレパートリーと
好評を博しているオリジナル曲、全8曲。

どうぞご期待ください!

 [収録曲]
歌旅数え唄
イヨマンテの夜
石狩挽歌
別れの朝
北の暦
重ね日
ケ・サラ〜故郷の風のように
テネシーワルツ(ライブ) 


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.